ダイレクト保険での自動車保険見直し方法

リスク細分型の自動車保険が人気のダイレクト保険ですが、ダイレクト保険での自動車保険見直しを考えてみましょう。

まずは、別項でも説明しているように複数の保険会社からネットで一括して見積もりをとってみましょう。そのなかで、比較検討していけばいいわけですが、見積もりを比較する際のポイントとしては全て同じ補償内容、条件で比較検討するということです。 そうでないと、たとえばどの会社が一番保険料が安くなるかなどの比較ができません。

また、リスク細分化ということで、どの部分が必要でどの部分が節約できるのかを考えてみるといいでしょう。

たとえば、走行距離の問題。ソニー損保などは年間走行距離を3000km以下、7000km以下、11000km以下と3段階に分類し、21?30%近くまで保険料を割引しています。ですから、年間を通してあまり車に乗らない人であればソニー損保はかなりおトクな保険といえるのです。

そのほか、車を複数台所有している人であれば、2台目からの保険料が安くなるという特約のある保険会社がいいかも知れませんし、ロードサービスなどの付帯サービスについても、各社特徴を出していますのでチェックポイントの一つですね。

また、ダイレクト保険は事故後の対処の仕方が心配、という方は、1事故1担当制かどうか、示談交渉サービスがあるかどうかなども重要なチェックポイントになるでしょう。

まずは自分の車の使い方をしっかり把握し、各保険会社にどのような割引や特約があるのか、どの補償が自分に必要な補償なのかを見極めて見直す必要があると思います。

その他