自賠責保険について

自動車の保険には自賠責保険と任意保険というのがあります。
自賠責保険というのは、正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といって、自動車やバイクを所有している人は必ず入らなければならない保険です。別名、「強制保険」ともいわれるように法律で加入が義務づけられているのです。

自賠責保険に加入していないと車検を行うこともできませんし、証書を車に備え付けていない場合、それだけで30万円の罰金となります。また、有効期限が切れている場合は50万以下の罰金となっています。

ただ、この保険制度が交通事故を起こした場合に最低限の補償を受けられるようにと始まったことからもわかるように、自賠責保険だけで交通事故の際の補償をすべてまかなうことは出来ません。

自賠責保険の賠償額は、被害者が死亡した場合、1事故につき1名あたり最高補償額が3000万円、重度の後遺症が残った場合最高4000万円、傷害の場合は最高120万円となっています。

また、補償は「対人」に対してのみであり、ガードレールや車、信号機など「対物」に対しての補償はないのです。もちろん、自分や自分の車に対する補償もありません。

最近の交通事故では、死亡事故や重度障害が残ってしまうような大事故が多発しており、被害者に対する補償額も自賠責保険だけではとてもカバーできる額でないケースが多いのです。ですから、そこをカバーするための保険として「任意保険」にも加入する必要があるのです。

その他