交通事故の加害者になってしまったら

起こってほしくはないことですが、もし車に乗っていて自分が交通事故の加害者になってしまったら・・・。
いったい何をどうすればいいのか気が動転してしまいそうですが、まずは、ケガ人が出たかどうか、人命救助が最優先されるということは覚えておきましょう。

以下に、交通事故を起こしてしまった場合にするべきことを順にあげてみましたので、知識として覚えておいてください。

1.まずはケガ人の確認

車を安全なところへ寄せて止め、事故によるケガ人がいないかどうか確認します。負傷者がいた場合は安全な場所へ移動させて、近くにいる人などに助けを求めましょう。

2.道路上の障害物の除去

後から来た車の邪魔にならないよう、二次災害を防ぐためにも、道路の邪魔になるような障害物が散乱していたら、すみやかに端へ寄せるようにしてください。

3.救急車・警察などへの連絡

負傷者がいた場合は、救急車を呼んで、事故が起こった場所を落ち着いて伝えてください。それから、警察へも連絡します。

4.相手方の名前、連絡先等の確認

事故の相手の名前、住所、電話番号、運転免許証の記載事項やお互いの保険会社の確認などを行ってください。相手が大丈夫そうであっても、名前と連絡先の確認は必ずしてください。

5.目撃者の確保

目撃者がいた場合は、名前と連絡先を聞いておきましょう。示談では済まず裁判となった場合、証人となってもらう必要が出てくるかもしれません。

6.保険会社への連絡

自分が契約している自動車保険の会社へ連絡し、その後の指示を受けてください。事故から一定期間内に連絡をしないと、保険が使えなくなってしまうケースもあるようです。

その他