交通事故の被害者になってしまったら

もし、不幸にも交通事故の被害者になってしまった場合、心身ともにショックを受けて平静な対応はできないかもしれません。

しかし、あとで賠償問題などになった場合これだけは押さえておかなければならないポイントというのはいくつかあります。

まず、自分の意識がハッキリしている場合は、相手の運転者の住所、氏名、車のナンバープレートは必ず確認しておきましょう。住所、氏名は運転免許証を見ればわかるので必ず確認するようにしてください。ただ、なかには免許証を見せるのをイヤがる人もいるので、その場合はナンバープレートだけでも確認しておきましょう。

また、普通は警察や救急車などの連絡は加害者のほうがしてくれますが、警察へは連絡するように。そして、軽いケガであっても病院へ行って診断書は必ずもらってきてください。

それから、自分が加入している保険会社にも連絡をしておきましょう。もし、不幸にも加害者が任意保険に加入していなかったような場合、被害者のほうからの保険が出る場合もあるからです。

また、現場でしてはいけないこととしては、どちらが被害者か加害者かはっきりしない場合。その場合、警察をよんでしっかり検証してもらうまで、必要以上に自分から謝罪の言葉を述べたりしないほうが賢明です。そのために不利になる場合もあるからです。
そして、警察沙汰にせずその場で示談、というような方法はとらないようにしましょう。加害者にきちんとした形で賠償責任を取ってもらうためにも、必ずあいだに警察保険会社を入れるようにしてください。

その他