人身傷害補償保険

「人身傷害補償保険」とは、1998年より保険会社から発売された比較的新しい保険商品です。「人身傷害補償保険」の登場でこれまでの保険でカバーできなかった部分の補償を受けられるようになりました。
今までは、自動車事故で死傷した場合、運転者本人に過失があった場合はその過失の度合に応じて保険金が減額されていました。
しかし、「人身障害補償保険」では、運転者自身の過失の有無に関わらず、運転者も含め搭乗者の誰にでも無条件で補償が受けられるという保険なのです。

さらに、自分自身で運転していた場合だけでなく、歩行中に起きた自動車事故やバスやタクシーなど他の車に搭乗していて事故に遭遇したような場合でも補償を受けられることができます。加えて、契約内容によっては保険の契約者だけではなく、その家族にまで補償範囲が及ぶ非常に補償範囲の広い保険だといえます。

つまり、「人身傷害補償保険」の契約者の妻や子供が歩行中に交通事故に遭遇したような場合でも保険金が支払われるということです。このように保険の補償範囲が広いので加入していれば心強い保険であり"完全補償タイプ"という風にもよばれています。

なお、「人身傷害補償保険」の補償内容は「搭乗者保険」とかぶる部分が多く、もし、あなたがこの両方の保険に加入しているとしたら、保険料を安くするためにも、より補償範囲の広い「人身傷害補償保険」を残して「搭乗者保険」は解約したほうがおトクでしょう。

その他