任意保険について

自賠責保険が法律で加入が義務づけられた"強制保険"であるのに対し、「任意保険」は"自賠責の上乗せ保険"です。つまり、自賠責保険の補償ではカバーしきれない部分を補償するために任意で加入する保険なのです。任意、といっても車を所有する世帯の約9割が加入しているといわれています。

任意保険には"人に対する保険"、"モノに対する保険"、"その他の特約"などがあり、以下の7種類に分類できます。加入者はそれぞれ自分の車の使い方などに合わせてそれらの保険を組み合わせて加入します。

【対人賠償保険】

自動車事故により、同乗者や歩行者、相手の車に乗っていた人など、"人"を死傷させた場合、自賠責保険の補償を超えた部分を補償する。

【対物賠償保険】

自動車事故により、建物やガードレール、相手の車など"モノ"に対する損害を補償する。

【搭乗者傷害保険】

自動車事故により運転者や同乗者が死傷した場合に補償される。

【自損事故保険】

自動車事故によって、自損事故を起こした場合、または相手にはまったく過失がなく自賠責保険の対象とならない場合で、自分や同乗者が死傷した際支払われる保険。

【無保険車傷害保険】

自動車事故において、相手の車が保険に加入しておらず十分な補償を受けられない場合、相手が負担すべき補償額の不足分について支払われる保険。

【車両保険】

車が接触事故や盗難、天災などにより損害を受けた場合の修理代などを補償する。
大抵の場合適用となる「一般車両保険」の他に、「エコノミー」「A特約」など補償範囲を限定した保険がある。

【人身傷害補償保険】

車に乗車している時、または歩行中に自動車事故に遭い死傷した場合に支払われる保険。

その他