搭乗者傷害保険

「搭乗者傷害補償保険」とは、自動車事故が起こった場合、保険に加入している人のクルマに搭乗していたすべての人のケガや後遺障害、死亡などについての補償が支払われる保険です。"搭乗者"というのは、その保険契約者のクルマに乗っていたすべての人、同乗者とドライバー自身のことをさすのです。

対人賠償保険や自賠責保険の場合、事故を起こした運転者本人の死傷については保険金は支払われません。しかし「搭乗者傷害補償保険」に加入していれば、過失の有無に関係なく保険金が支払われますので、運転者の補償をカバーするには加入しておきたい保険です。しかも、「搭乗者傷害保険」で保険による補償を受けても等級が下がったりすることはありませんから、安心して利用できると思います。

また保険会社の契約内容によっては、「座席ベルト装着者特別保険金」というものを設けているところもあります。つまり、交通事故で死傷した際、チャイルドシートを含むシートベルトを装着していた場合は、さらに追加で別枠として保険金が支払われるというオプションです。

なお、「搭乗者障害保険」は「人身傷害補償保険」の項でも述べたとおり、補償内容が重複している部分が多く、補償範囲としては「人身傷害補償保険」のほうが広範囲な補償が受けられますので、どちらかを選ぶ場合は「人身傷害補償保険」のほうに加入しておくとよいでしょう。

その他