等級制度について

任意保険の保険料を決定する要素として「等級制度」というものがあります。
車社会の現代では、一家に1台2台と複数台車を所有する人も多く、免許を持ち車を運転する人もたくさんいます。
その中には、何十年も無事故無違反の優良ドライバーもいれば、頻繁に事故を起こして保険のお世話になっているドライバーもいるわけです。それらのドライバーをひとくくりにして、みな同じ保険料を徴収るのでは、あまりに不公平ですよね。

そこで考えられたのが自動車保険の「等級制度」なのです。等級制度には保険会社独自のものと、共通のものがあります。
ここでは共通のルールを説明しましょう。

まず、等級は1等級から20等級まで20段階の等級に分類され、等級が上がるほど保険料は割引され、等級が下がるほど割増されます。

初めて自動車保険に加入するときは、"6等級"からのスタートとなります。その後、事故を起こすことなく保険を使わなければ毎年"1等級"ずつ等級は上がり、事故を起こせば次回契約更新時に"3等級"等級が下がってしまいます。
保険料については、等級により最大60%の割増しから、最大60%の割引となります。
また、車は買い換えても等級は引き継がれますし、保険会社を変更しても基本的には等級はそのまま引き継がれます。車を廃車、もしくは譲渡した場合でも、5年以内に車を入手して任意保険に加入すれば等級は引き継がれます。

なお保険会社により「等級プロテクト特約」を付帯することができ、この特約に加入していれば、等級が下がるような事故を起こしても、1回に限って等級を据え置くことができます。

その他